Oktaの利用方法

変更日 Wed, 03 Apr 2024 で 03:58 PM


UPSIDERのSAML認証・シングルサインオン設定にOktaを登録する方法


以下のスクリーンショットを参考に、Okata画面の3つの値をコピーし、UPSIDERのシングルサインオン設定画面の各フォームにペーストします。

  • Issuer
    • IdPのEntity ID にペースト

  • Sing on URL
    • IdPのログインURL にペースト

  • Signing Certificate
    • Certificate にペースト




アカウントを割り当てる際の注意点

  • UPSIDERのアカウントとの紐付けには、メールアドレスが使用されます。
  • Oktaアカウントを従業員に割り当てる際に、以下の画面からユーザー名を変更できますが、この値はメールアドレスのまま変更しないでください
  • UPSIDERをご利用中の既存の組織がOktaによるSAML認証・シングルサインオンを導入する場合、OktaアカウントとUPSIDERアカウントのメールアドレスを一致させる必要があります。ご注意ください。


この記事は役に立ちましたか?

それは素晴らしい!

フィードバックありがとうございます

お役に立てず申し訳ございません!

フィードバックありがとうございます

この記事に改善できることがあれば教えてください。

少なくとも一つの理由を選択してください
CAPTCHA認証が必要です。

フィードバックを送信しました

記事の改善におけるご協力ありがとうございます。